オープンシステムとは

あなたが主役の「オープンシステム」

「オープンシステム」では、直接依頼主が建築家のサポートを受けながら20数社の各専門工事業者と契約します。各専門工事業者とは1対1の関係ですので顔が見えます。 
 依頼主が「工務店」の役割を果たすことになるわけですから、意向が直接現場に届き、希望に沿った家づくりができるはずです。しかも、直接発注だからコストも削減!分離発注方式の「オープンシステム」は、そんな発想から生まれました。

 ※オープンシステムの詳しい内容はイエヒトのページをご覧ください。

 究極の注文住宅イエヒト

工務店への発注とオープンシステムとの比較

○工務店への発注方式

工務店やハウスメーカーと契約しても、実際に工事を行うのは下請業者(専門業者)。下請業者の工事代金に約30%の元請管理費が上乗せされて依頼主に提示されます。

○オープンシステム方式

建築家(設計事務所)に工事全般の監理業務を委託。そのうえでそれぞれの専門業者と依頼主が建築家のアドバイスを受けて直接契約するため、管理費や経費が上乗せされることはありません。

クリックで拡大



powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional