オープンシステムQ&A

オープンシステムQ&A

  • Q1.オープンシステムの最大の特徴は何ですか?
    • 形態としてはハウスメーカーや工務店で施工するのでなく、建て主が直接、各職人と契約して家を完成させます。建築士が建て主を細部にわたってサポートします。だから、自分に合ったコストダウンの方法で安く仕上げることが可能になります。一部を「DIY」で行なって費用を下げながら家づくりを楽しむこともできます。

  • Q2.建設会社抜きで大丈夫なのでしょうか?
    • 施工監理、工程管理、保険がしっかりしているので安心して完成出来ます。建築士は構造・施工・監理も含めて長年専門課程の勉強をし年季とともに知識も豊富です。建設会社で現場経験を積まれている人も多いです。
      また、「オープンシステム建物登録制度」により、不測の事故等にも対応するようできています。

  • Q3.ハウスメーカーや工務店との相違点は?
    • 施工会社として経費が必要です。20~50%でまかないます。会社運営、宣伝費、利潤等ですが、見積書には計上出来にくいので下請け業者からの見積りに対し単価へ上乗せしています。
      オープンシステムでは各専門業者からの見積りは直接建て主に開示しています。従って、集積した工事費の合計は施工会社より少なくとも20%は低いことになります。しかし、納得のいく計画による40枚近くの図面作成と、施工に充分な検査・監理とで設計者の工賃は付加されます。
      それでも必然的に合計されたものが安くなりますが、それよりも納得のいく家づくりに費用を掛ていることで納得できると思います。

  • Q4.工事業者はどうやって決めていますか?
    • 各専門工事業者は、設計者が技術的や人柄で良いと思われる業者を数社提案し見積もりを取ります。建て主の知り合いがあれば参加されるのもいいです。その中で、最低価格の業者を計上すれば、安くて品質のいい建物が出来上がります。専門業者の決定は建て主に決めてもらいます。

  • Q7.各専門工事業者への契約と支払いは?
    • 「オープンシステム」の考え方に添った契約書の様式で締結します。支払の時期、金額、遅延等について記載されています。約款を添付します。
      また、設計監理者が立会人として押印しますので安心です。

  • Q9.完成までのスケジュールは?
    • 計画に2ヶ月、実施設計に3ヶ月、業者決定に2ヶ月、工事に5ヶ月でおおよそ12ヶ月が必要です。内容により長くしたり短くしたりします。

  • Q10. 予算をオーバーすることは無いのでしょうか?
    • 当初、建て主から予算はお聞きしますが、要望が多ければ予算はオーバーします。その時VE(VALUE ENGINEERING)でぜひ必要なもの、あきらめるもの、後日取り付けられるようにするもの、性能はそのままにして材料を替えるもの等で予算に適合させます。納得のいくまで検討し、合意の上で工事着手になります。

  • Q11.住宅ローンは利用できますか?
    • ご利用いただけます。
      銀行の住宅ローンや、他の金融機関のフラット35のご利用実績もあります。
      ただし、ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。



powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional